2016年03月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツツリィ通信 第四回目

はい!始まりました、ツツリィ通信第4回目。今回はトナメ決勝戦特集になります。
私は残念ながら16位に終わってしまったのですが、決勝戦はなんと同デッキ対決となっていてとても驚きました。
決勝戦で使用されていたミナカヌシアナヒなんですが国家対戦でよく見るデッキなのになぜか今まで考察や対策を考えたことがなかったのでこのブログを書きながら考えていきたいと思います。





ミナカヌシアナヒ スピブレ2T


前列上段UR+アメノミナカヌシ



弱体化はしたもののいまだに環境から消えない元人権カード、おっさんと呼ばれたりします。
相手のAGをがっつり下げることができ、SR源頼光ととても相性がいいです。




前列中段SRヘルメス 11弾収録



48始動の加速カードでありながらUR+アメノミナカヌシの属性共鳴を満たします。




中列上段BSRアナーヒター 12弾収録



現環境の個人的に嫌いなカードナンバー1、ただひたすらデッキの耐久力を上げてくれます。2ターン目以降に強いが1ターン目はそこまで強くないこのデッキの弱みをカバーしてくれます。さらにUR+アメノミナカヌシの属性共鳴も満たします。
こんなかわいいイラストより骸骨を従えてる絵が似合うと言わざるを得ない圧倒的なゾンビ感。
もちろん当たったら手のひら180度回転します。




中列中段LE+アマテラス&ツクヨミ
ゴールドメダルガチャ収録



くわしい説明は第一回参照
2ターン目以降絶望感を与え続ける最近一番出番が多いLE。
恒常により1ターン目にこのカード自体のAGを上げることはできないが、相手のAGを下げるというこのデッキのコンセプトが相対的にこのカードのAGを上げることになりとても相性がいい。




後列上段SR源頼光 練金釜収録



条件付きとはいえ相手全体を縛ることのできるこのカードを見るといかにスカガレのインフレがすごいかと実感させられます。
UR+アメノミナカヌシ、LE+ペレ、Rブーシュヤンスターと一緒に使われることが多いです。


このデッキに勝つには


・常にAG有利を保ちつつ相手をロックする。幸い封迅がいないので1ターン目にAG有利を取るのは非常に簡単。
・1ターン目の相手によるAGダウンやロックを打ち消し、2ターン目に一気に有利を取る。


のどちらかが必要です。


今更ながらずっと気になっていたゼノブレイドクロスを買いプレイしていたこともあり、更新がギリギリになってしまいました。次も一週間以内に上げれるよう努力します。
スポンサーサイト

ツツリィ通信 第三回目

はい!始まりました、ツツリィ通信第三回目
今回はトナメ7回戦特集です。今回は参加した128人のデッキを全て集計し、使用者が5人を超えたデッキをまずは発表します。


キュベセポネ 12
ミナカ頼光 8
タナトス 8
カナロア 7
ドナフェン 6
猪 6
ベロマンスラ 5
酒呑ジョッキ 5
オニャンコ10ムスヒ 5


前回は細かく分けすぎて、あまり固まってくれなかったので今回はかなり大雑把に分けました。


ということで、今回は使用率1位のキュベセポネの1番よく見る型の紹介になります。



キュベセポネ 癒しの旋律1T


前列上段SRスセリビメ 10-1弾収録



敵のHPを平均化しつつ全体攻撃をします。相手に封迅がない場合は1ターン目、ある場合は2ターン目から相手の空いたマスには低HPのファミリアがいるので平均化することによって相手のHPを大きく削れます。




前列中段SRドゥルジ 12弾収録



乖神、封迅要因
行動もたまに役に立ちます。




中列上SRアメノトコタチ 10-2弾収録



味方に作られたファミリアを利用して相手を攻撃します。結構火力があり、このデッキは空きマスが3つのため作れるファミリアは最大3体ですが、HPの低い敵ならすんなり倒してくれます。




中列中段SRペルセポネ 11弾収録



こちらは相手に作られたファミリアを利用するカード。一見デメリットが高いんじゃないかと思われますが、即死能力の対象になる一番ATが低いカードは大抵ファミリアになり、そのファミリアは後で紹介するURキュベレーによりトランス状態になっています。さらにペルセポネにより戦闘不能効果を相手に跳ね返すトラップを与えられているので相手のカードを一方的に2体即死させることになります。




後列上段URキュベレー 
現在は手に入りませんが、今後錬金釜で手に入る可能性が高いです。



敵味方陣地の空いてるマス両方にトランス状態のファミリアを作ります。




後列中段SRアマテラス 5弾収録



AG20から敵味方にかかった効果を全て打ち消します。
このデッキはAGが低いカードが多いのでロックなどの対策はこのカードでします。恒常を持っているので1ターン目にロックなどを受けることがなく、禊祓で相手の特技の発動も遅らせます。




このデッキに勝つためには


・ロックをかけ、SRアマテラスが動く前にステ変無効で相手の蓋をする。
・相手が動き出す前に高火力で倒しきってしまう。


のどちらかが必要です。


今回はここまでで終わりです。
リーグはがんばりたいので、リーグ中は週1程度の更新になりそうです。
余談ですが、トナメのほうはベスト32位まで勝ち残れたので、このまま優勝しツツリィ通信の売名を狙いたいところではあります笑

ツツリィ通信 第二回目

はい!始まりましたツツリィ通信第二回目。
今回はトナメ1回戦特集!ということでまずは使用されたデッキをデッキコンセプトで分類して、二人以上が使用したものを発表します。(集計対象は少将以上の方となっています。また、不戦勝の方は除いています。


では発表します!ドドドドドーン!


合神8枚即死:3人
三妖妃シュクユウ(アトラス+):3人
ドナフェン(アトラス+):2人
ペレバースト(アペフチ):2人
三妖妃シュクユウ(3合神):2人
アナムスヒ:2人
イザナミウラノス:2人


さすがは将官、デッキが全然かぶりませんでした。不戦勝だらけとはいえ60人程度集計して一番使われてるデッキでも3人とは思いもしなかったです。(こんなことなら准将以上で集計すればよかった。


さて前回は初回大放出スペシャルで3デッキ紹介しましたが、今回からは1デッキずつの説明となっていきます。
そこで三妖妃シュクユウと合神8枚即死どちらを紹介するか非常に悩んだのですが、三妖妃シュクユウ系統のデッキは叡智モリモリ重課金デッキみたいな面があり、そんな人はデッキ紹介なんて必要ないだろう、ということで今回は合神8枚即死を紹介させていただきます。





合神8枚即死 必殺技Gサモン1T


前例上段ANSRフレイ 錬金釜収録



AG57から相手の神速や守命などを打ち消し、おまけに攻撃までついてます。
少し前の人権カード、自分はいまだに持ってません。(緑限定でゴルチケブロチケ放出するも・・(´・ω・`)




前列中段Cかまかぜ 2弾収録



AG39から後ろのカードに高倍率の加速をします。
39はあまり高いAGではないんですが、ANSRフレイ、封迅、SRレイアがいるので相手のデッキが動く前に動ける場面が多いです。




前列下段LE運命の三姉妹
レジェンド召喚ガチャ収録



コストの割にHPが高く優秀な即死カード。
以前はLEといえばこいつとLEドゥルジのどっちか取っとけ、みたいな感じでしたが現在はインフレに取り残されこのデッキで久しぶりに登場?(間違ってたらごめんなさい。




中列上段SRヒュペリオン XT1弾収録



合神でANSRフレイをAG67からの打ち消しカードにします。合神相手の身代わりになれるにも関わらず無痍も持っています。
さらにこのカード、合神相手のカードが倒れてしまうと中列行動をするようになります。ここがこのデッキのインチキ臭いところなのですが、このギミックはSRスヒジニのところで紹介します。




中列中段SR+アリアンロッド 5弾収録



AGが遅い即死デッキの弱点のロックを防ぎます。合神ANSRフレイ、封迅、SRレイアがいるのでCかまかぜの加速から相手のロックがかかる前に結構動けます。AG加速も2ターン持続するので2ターン目以降の初速もあがります。限凸しましょう。




中列下段SR+コノハナサクヤヒメ 10-1弾収録



SRレイアの封迅デコイ役。基本的にSR+アリアンロッドで蓋がかかっているので行動はあまり意味がないことが多いですが、発動すると意外と役に立ちます。




後列上段SRスヒジニ 10-2弾収録



封迅も持っている高性能な即死カード、相手のカードを二体即死させる代わりに自分のカードも一体犠牲にする。
このデッキだと犠牲になる対象はANSRフレイになりますが、ANSRフレイが倒れることによりSRヒュペリオンの合神がはずれ、行動ができるようになり中列行動でANSRフレイを即座に復活させ、犠牲のデメリットがあってないようなものになっています。
こんなギミックを作れるようなデッキビルダーになりたい。




後列下段SRレイア 11弾収録



AG57から属性共鳴により相手のカードを二体ロックする。
最近の緑メインのデッキで見ないほうが珍しい単体でのカードパワーが強いカードであり、これ一枚で詰むデッキも数多く存在します。




このデッキに勝つためには


・低速封迅や封迅二体などでANSRフレイのAG変化を打ち消し、上からロックをするか高火力で攻撃し列崩れを狙う。
・護神or恒常+守命などで時間を稼ぎ、その間に勝負を終わらせる。


のどちらかとSRレイアで詰まないことが必要となります。


今回はここで終わりです。本家のような配置ミスがないように頑張りますのでこれからも見に来ていただけるとありがたいです。

ツツリィ通信 第一回目

はい、始まりましたツツリィ通信第一回目
今回はどんなデッキを紹介するんですか?オヤジさん


なんていう茶番は置いといて、今回は女性限定戦場でよく見かけるデッキ所謂テンプレらしきものを紹介していきます。
今から紹介する3つのデッキは通常戦場でも元から見かけるデッキなので女性限定戦場以外でも活躍できるでしょう。




一つ目はこちら



赤合神バイブリピートです。




前列上段LE+バイブ・カハ
現在は入手できませんが今後ゴールドメダルガチャに収録される可能性大



相手3体に攻撃し追加で2ターン持続する混乱状態にさせます。


ポケモンみたいに50%でいつも通りに動いてくれたらまだいいのですが、このゲームでは行動自体が敵味方一体にAT分のダメージに変わってしまうので単純に強いです。相手より先に動いて相手のキーカードに混乱を入れれば勝てます。ただし3体対象なのでランダム要素が非常に高いです。ついでに禊祓も持っています。




前列中段SR+ダッキ 8弾収録



反射によるURオニャンコポンの特技や相手の攻撃の対策のほか、相手のATを上げることにも意味があります。




前列下段SRゾリャー 10弾収録



先ほど書いたSR+ダッキで相手のATを上げる意味はこちらのカードとのシナジーがあるからです。相手のATが上がることによりSRゾリャーのバースト発動条件を満たすことができ、相手に追加でダメージを与えることができます。


この組み合わせは有名でよくゾリャーダッキと呼ばれています。
さらにこのゾリャーダッキはLE+バイブ・カハの通常行動の強さ故の設定されたHPの低さをSR+ダッキの反射によりカバーできるのでとても相性がいいです。




中列中段URハイヌヴェレ
現在は錬金釜から出ます。
また、次のゴールドメダルガチャに収録される可能性大です。



画像では見切れてますがATを増加するFステを味方に貼り、さらに直前に行動したカードをもう一度行動させます。
このカードのAGは31、LE+バイブ・カハのAGは34ということでこの間に他のカードが行動しない限りLE+バイブ・カハは2回動きます。先ほど3回だとランダム要素が強いと書きましたが、6回だと話は別です。




中列下段RBヘスティア 11弾収録



AG47始動の加速カード




後列下段SR+ヘラ



このカードは行動ではなく能力の紹介です。このカードによりRBヘスティアがAG54始動のカードに変わります。
このAGバフを防ぐためには乖神という能力を持つカードが必要です。




このデッキに勝つためには


・LE+バイブ・カハが動く前にLE+バイブ・カハを動けない状態にしておくかステータス変化無効を味方に与える
・SR+ダッキで詰まない


この二つを満たす必要があります。






二つ目はこちら



オニャンコ10ムスヒです。




前列上段URオニャンコポン 9弾収録
まずは特技



このカードは特技前提のカードなので特技も貼っていきます。
単純に火力が高いFステを相手全体に張ります。特技ゲージが3ですがこのカード自身が自分の特技ゲージを3減らす能力を持っており、このデッキでは禊祓持ちのLE+アマテラス&ツクヨミがいるので相手に禊祓持ちがいない限り2ターン目に特技が発動します。
Fステは発動してしまうと効果が切れるまで毎ターンURオニャンコポンの行動とは別にダメージを与えてくるので反射なしで長期戦に持ち込むのは危険です。


そして前列行動



こちらも相手全体にダメージを与え、さらに味方を復活させます。この復活行動は全体にダメージを与えて反射やダメージバリアのダメージをもらった後に発動するので、そのダメージによって倒れてしまった場合自分自身を復活させることも可能です。




前列中段SRニュクス XT1弾収録



AG49から高火力の呪いをばら撒き、さらに相手の行動を妨害します。この行動を妨害する効果は単純に20%下げるだけではなく相手のアンチロックシールドを剥がすという用途にも使えます。ついでに封迅も持っています。
この4コスト枠は比較的自由でSRスセリビヒメやSRアストーウィーザートゥーになる場合もあります。




中列上段LE+アマテラス&ツクヨミ
このカードは現在入手できませんが、今後ゴールドメダルガチャに収録される可能性大です。



このカードは初ターンは遅いものの2ターン目以降はFステが残るのでAG26からの加速役と油断しているとえらい目にあります。↓のUR10カミムスヒの相手のAGを下げるFステ、必殺技のスピードブレイクと合わせて多くのデッキは先手を取られ、加速され、さらにステータス変化無効を貼られどうしようもなくなってしまいます。ちなみに禊祓も持っているので特技メタにもなっています。


このLE+アマテラス&ツクヨミは限凸すればするほど2ターン目以降の初速があがりそれにより勝敗が変わる可能性が高いので、できればたくさん手に入れておきたいカードです。(41レベルまでしかあげれてないのでもっと欲しい




後列下段UR10カミムスヒ 10-3弾収録



このカードはURオニャンコポンの弱点であるSR+ダッキの反射行動を防ぎ、さらに相手にAGダウンFステを貼り、LE+アマテラス&ツクヨミと一緒に2ターン目以降の初速をあげてくれます。さらにこのカードも威神を持っているため基本的に3ターン目に相手のATとAGを下げるFステを貼り、高火力の攻撃をする特技を使ってきます。




このデッキに勝つには


・相手のUR10カミムスヒを行動不能にさせるかSRアマテラスなどで味方の行動不能を後列から打ち消し、なるべく短期決戦で決める
・相手が動く前にSRテスカトリポカやRダーモーイシュ・ウバマナなどの高火力カードを使いキーカードを倒してしまう。


のどちらかが必要になってきます。






三つ目はこちら



オロニャンディオネBアフロ入りです。




前列上段URディオネ XT1弾収録



このカードは威神を持ち、基本的に1ターン目から特技でオーラを使い、こちらのデッキに禊祓が入っていない場合通常行動を見ることはないです。このオーラによりAGによる行動順が逆になり加速して上から攻撃する多くのデッキに刺さります。またおまけのはずの全体攻撃の火力も非常に高いです。




前列中段LE+オーロラの3姉妹
このカードは現在は入手できませんが、今後ゴールドメダルガチャに収録される可能性大です。



このFステはURオニャンコポンの特技との相性がよく、こちらの耐久力も格段に上がります。URオニャンコポンとの組み合わせはよくオロニャンと呼ばれます。また反魂も持っており、非常に倒すのが面倒なカードです。




前列下段URオニャンコポン 9弾収録


このカードの用途は↑のオニャンコ10ムスヒのものと変わりませんが、自分のデッキに禊祓がないため相手に禊祓がない場合1ターン目から特技が発動できます。




中列中段SRテテュス XT1弾収録



このカードは合神カードとしてよく知られていますが、今回は単純な2コストとして採用されてます。この行動でヒールバリアをかけることでオニャンコポンがSR+ダッキなどの反射により倒れてしまうことを防ぎます。SR+ダッキだけで対策をしてヒールバリアの解除手段を持ってない場合SR+ダッキの特技発動まで粘られ、その後URディオネの開幕の高火力攻撃により負けてしまいます。




後列中段SR+アフロディテ 11弾収録



このカードは現在女性限定戦場でSRアカ・マナフ絶対殺すマンとして活躍しているカードです。
また、SRテテュスが倒され列崩れが起きてもこのカードも中列行動でヒールバリアを付与できるのでこのデッキにとても噛み合っています。ついでに封迅も持っています。




このデッキを倒すには


・相手の初速はやはり遅いので動く前に高火力カードでキーカードを倒す。
・反射に加え相手のヒールバリアの突破手段を用意する。


のどちらかが必要です。




ここまで3つのテンプレを紹介しましたが、まだ紹介したいテンプレはたくさんあるので、また来週ぐらいに更新したいと思います。


次回!ヘスティア玄武!!


お楽しみに!!

はじめまして

はじめまして、サラスヴァ王国のグレートねいちょ所属の中将「とるてあ」です。

なぜか今スカガレのモチベーションが過去最高に高いのでブログでも始めてみようと思います。

ブログ名は某羽虫通信から、更新頻度は週に一回程度、ブログ内容はその一週間で他のプレイヤーが使ったデッキの中で気になったものや自分で使ったデッキを紹介していきます。

自分の勝てなくなったらすぐ他のプレイヤーのデッキをそのまま使うという癖を治したくて始めるブログなので続くかどうかはわかりません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。